留学生の部屋

    ワーキングホリデーに関する注意点

    ところで、ワーキングホリデーも留学も、一般的には、語学学習や異文化交流が目的であるとされます。しかし、両者は同...

    Readmore
    留学生達

    事前の準備とサポート

    ワーキングホリデーを利用するなら、渡航して数ヶ月間は生活できるだけの費用を用意していく必要があります。滞在中は...

    Readmore
留学生の部屋

ところで、ワーキングホリデーも留学も、一般的には、語学学習や異文化交流が目的であるとされます。
しかし、両者は同じものではありません。
似て異なるものです。
では、一体留学とは何なのでしょう。
 前者は、渡航先においては確実に、学校へ通わなくてはなりません。
学業以外の、例えば就労や観光目的での滞在は許されません。
費用に関しても、後者の方が断然お安いです。
ただ、前者には奨学金などが適用される場合があります。
 注意点についてですが、「これだけは、絶対に忘れてはいけない。
」という点が、1つあります。
それは、「目標をつくっておくこと。
」です。
 もし仮に、目標のないままで渡航したとします。
慣れない地で、生活スケジュールを組み立てることが出来ますか。
やりたいことのみを行いますか。
人間関係を上手くやれる自信はありますか。
「何が出来るようになったのか、どんな成長をしたのか、全く訳がわからない。
」、そのような状態で帰国するといった事だけは、何としてでも防止しましょう。
また、費用など現実的な問題に関しても、目を背けないように注意しましょう。
   

留学生たち

日本における外国人ワーキングホリデーの今後の動向と、それに関する予測をします。
 日本におけるワーキングホリデーの滞在者は、1980年にワーキングホリデー制度が開始されて以来、年々その数を増やし続けています。
2010年には、1万人以上の外国人が日本へと来日しています。
日本語を学びながら働いたり、日本国内を旅したり、日本の文化を楽しんだりしながら、1年間の滞在期間を、存分に堪能しています。
 しかし、日本だけに限らず、外国人のワーキングホリデーの雇用は、「それに見合うだけのビザを、入管管理局から所得しなければならない。
」、「採用したあ後の雇用打ち切りに躊躇いを覚える。
」などという理由から、コストの高いものとして認識されています。
その為、最近は、試用期間として採用した後に、本採用をするかどうかの検討時間を、設けておく企業が増えています。
 とはいえ、日本のグローバル化は、それと同時に、海外進出をも進行させています。
雇用に対する考え方に、変化がもたらされる日は近いでしょう。

留学生

以前より外国語でのコミュニケーション能力や、異文化に対する理解などあらゆるグローバルなスキルが求められるようになってきたことから、留学やワーキングホリデーのニーズはより高まってきています。
最近では、費用が安く抑えられることからアジア圏への留学に注目が集まっており、短期間から費用を押さえたプランなどがたくさん出てきています。
また、費用を安く抑えたいという目的からワーキングホリデーを活用する人も多く、たくさんの人が収入を得ながら学ぶというスタイルを選択するようになってきています。
また、社会人など費用は気にしないが時間的制約があるという人に向けた短期間のプログラムも充実してきており、これまでよりもますます自由に海外で学ぶ人が増えてきており、今後も増えていくことが予想されています。
グローバル社会において海外文化に触れることは大きなスキルアップにつながるので、個人のそうした取り組みを支援する企業もあります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031